国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

研究開発課題の成果

研究倫理に関する研究開発課題の成果

このページでは、日本医療研究開発機構(以下、AMED)から配分される研究資金で実施される研究開発課題のうち、研究倫理に関する研究開発課題の成果について紹介します。なお、このページで紹介するガイドライン等はあくまでも各研究開発課題での研究成果であり、AMEDが策定したガイドライン等ではありませんのでご注意願います。

ゲノム関連事業における成果

ゲノム関連事業における研究倫理に関する成果は、「ゲノム医療研究支援」の「ELSI」のページにまとめて公開されております。詳細は次のページをご覧ください。    

また、「研究倫理に関する情報共有と国民理解の推進事業(ゲノム医療実用化に係るELSI分野)」における成果は、次のページをご覧ください。

多機関共同研究における倫理審査委員集約化に関するガイドライン

AMEDでは、我が国の多施設共同臨床研究における審査の質的均一化、治験・倫理審査委員会の集約化、治験・臨床研究の効率化及びスピードの向上を目指し、「中央治験審査委員会・中央倫理審査委員会基盤整備事業」において、治験・臨床研究審査委員会体制の強化、運用改善等の整備を進めています。 平成28年度の「中央治験審査委員会・中央倫理審査委員会基盤整備モデル事業」において、「多機関共同研究における倫理審査委員集約化に関するガイドライン」が作成されていますので、ご紹介いたします。中央倫理審査委員会方式の採用に向けて、適宜ご活用ください。
なお、このガイドラインはあくまでも「中央治験審査委員会・中央倫理審査委員会基盤整備モデル事業」での研究成果であり、AMEDが策定したガイドラインではありませんのでご注意願います。
このページのトップへ戻る