国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

国立研究開発法人 日本医療研究開発機構

利益相反管理

令和2年度以降の研究開発課題(委託事業及び補助事業)

対象事業・課題

すべての事業・課題が対象となります。
ただし、基盤整備・人材育成等の研究開発に該当しない事業については利益相反管理の対象外となります。対象外事業については以下の一覧表をご参照ください。

令和2年度利益相反管理対象外事業一覧

対象者

研究開発代表者
研究開発計画書、補助事業計画書において、「研究開発代表者」、「事業代表者」又はこれらに相当する肩書きの記載をされた者。
研究開発分担者
研究開発計画書、補助事業計画書において、「研究開発分担者」、「事業分担者」又はこれらに相当する肩書きの記載をされた者。
再委託先等、日本医療研究開発機構(AMED)と直接契約関係の無い研究機関等に所属する研究開発分担者も対象となります。

報告書の提出

各研究機関等は、研究機関等に所属する研究開発代表者及び研究開発分担者について、参加している課題毎に、利益相反管理状況報告書を作成し、研究公正・業務推進部  研究公正・法務課に電子ファイルにて提出して下さい。なお、各研究機関等は、再委託先機関における研究開発分担者の報告書もとりまとめて提出して下さい。
提出期限
各年度終了後又は委託研究開発課題・補助事業等の終了後、61日以内
報告書様式
提出先・方法
kenkyuukousei“AT”amed.go.jpへメール添付で送信してください。
※上記の“AT”を“@”に置き換えて利用してください。件名は【令和元年度利益相反管理状況報告書 ▲▲】として、▲▲には研究機関等の名称を記載してください。

規則Q&A

このページのトップへ戻る